空港税を安くする裏技 - ANAカードの使い方からマイレージの裏技まで〜マイラーブログ〜

空港税を安くする裏技

DSC_0884.jpg

マイレージで特典航空券を発券しても、空港税は別途支払わなければいけないので完全に無料で旅行はできません。

そこで今回は空港税を少し工夫して安くする裏技を紹介します。


成田からパリに行く場合


1.直行便

空港税の支払いは成田出発時とパリ出発時


2.トルコ(イスタンブール経由)

空港税の支払いは成田出発時とイスタンブール乗り継ぎ時とパリ出発時


3.イギリス(ロンドン経由)

空港税の支払いは成田出発時とロンドン乗り継ぎ時とパリ出発時


各空港税をおおまかに計算すると

成田は約2500円。
パリ(EU域外への出発)は約5500円。(ビジネスクラス、ファーストクラス利用なら追加約6000円)
イスタンブール約2000円。
ロンドン(EU域内への出発)は約5500円。(ビジネスクラス、ファーストクラス利用なら追加約2500円)


結果

1だと約8000円
2だと約12000円
3だと約19000円

基本的に乗り継ぎを少なくしたほうが、空港税が安くなりそうです。
また乗り継ぐ場合は空港税の安い空港にした方がお得になります。

特にヨーロッパに行く場合は乗り継ぎ空港が多様で選べるので、空港税の安い空港を選ぶことが大切になってきます。

また合わせて、燃油サーチャージの安い航空会社を利用するのも良いかと思います。

スターアライアンスなら空港税&燃油サーチャージの安いトルコ航空利用でヨーロッパに行くのがお得かもしれません。
ヨーロッパ系の航空会社は燃油サーチャージが高め&乗り継ぎの空港税が高い傾向にあります。



またヨーロッパなら旅行をする順序で空港税も大きく変わってくるので要注意です。

例をあげて比較してみましょう。

例1.成田ーロンドン(鉄道で周遊)ローマー成田の場合(ビジネスクラス)

例2.成田ーローマ(鉄道で周遊)ロンドンー成田の場合(ビジネスクラス)



ロンドンとローマに行く順序が違うだけで他の条件は同じです。

1の場合、空港税の支払いは成田出発時とローマ出発時

2の場合、空港税の支払いは成田出発時とロンドン出発時


各空港税をおおまかに計算すると

成田は約2500円。
ローマ(EU域外への出発)は約2400円
ロンドン(EU域外への出発)は約22500円。

結果
1だと約4900円
2だと約25000円

1と2でおよそ2万円も空港税が変わってきます!

特にこだわりが無いなら空港税の安い空港から出国したほうが無難です。

イギリスとフランスはビジネスクラスとファーストクラス利用の際の出国時に空港税をかなり課すので、ビジネスクラスとファーストクラス利用の際は極力避けた方が良い空港と言えるでしょう。



役に立った!って思った方は応援のクリックお願いします↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中



ちょっと便利な裏技(経費削減で激安旅行)カテゴリの最新記事
2013-06-25 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FX会社のレバレッジ
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ANAカードの使い方からマイレージの裏技まで〜マイラーブログ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。